家庭教師って学生のアルバイトばかりじゃないの

受験を控えて勉強を始めなければいけないけれど、大手塾に通ってもなかなか身が入らない、個別指導はよさそうだけど通塾の行き帰りが心配、だったら生徒一人一人の成長ペースに合わせて指導してくれる家庭教師に頼みましょう、というような家庭教師センターの勧誘文句はよく目にします。とはいえ、家庭教師は生徒一人に対して先生一人、ということは膨大な数の生徒を抱えている大手センターの先生などは、ほとんど学生のアルバイトなのではないのか、という疑問をもたれることでしょう。


実際その通りで、宣伝を行なっている家庭教師センターの教師は大半が大学生や大学院生のアルバイトで、人手不足の場合には主婦やフリーターという場合もあります。とはいえ、だからといって家庭教師センターから派遣されてくる先生に勉強を指導する能力が期待できないというのは考えすぎです。


実は大手のセンターになればなるほど、さまざまな顧客からの要望に応えられるように、大勢の先生を準備しています。顧客の希望は様々で、たとえばとにかく2時間つきっきりで勉強をしているのを見てくれているだけでいいというレベルから、それこそ難関大学への進学のためにバリバリ勉強を教えてもらいたい、というハイレベルなところまで多岐にわたります。それら全ての要望に高い学力を備えた専任の教員は必ずしも必要とはなりません。


勉強をみるだけ、とにかく机に向かわせることが仕事というのであれば、学力よりもむしろ人柄が重視されますし、簡単なところから勉強しなければならない生徒には、それに我慢強く付き合ってあげられる先生が必要です。ですから家庭教師センターは様々な経歴、個性の持ち主を集めて、顧客の希望に沿う先生を派遣できるようにしているのです。その場合、大学生がもっとも集めやすくなるので、結果的に学生のアルバイトが多数を占めることになるわけです。


もちろん学生アルバイトといってもその能力はやはり個々に異なります。学歴を重視するか、人柄を重視するか、それぞれに得意能力が異なりますので、家庭教師を頼まれるのであれば、事前にセンター側にこんな先生がいい、という要望をしっかりと伝え、それと異なれば交代を要求していくのがよいでしょう。また、どうしても学生アルバイトでは不安だ、というのであれば、塾講師や元学校教員、大学講師などのハイレベルな学力と指導力を備えた人物をプロ家庭教師として登録している家庭教師センターがありますので、そのようなところへプロの指導を依頼するのが最良です。

注目サイト

富士カラーの動く年賀状
スマホアプリで年賀状の写真が動く!

BLOG MENU